オシロイシメジ- キシメジ科 -

PR
オシロイシメジ写真1
環境
オシロイシメジは様々な種類の木の林の中、などの地上に群生または束生します。
季節
夏~秋
特徴
オシロイシメジのカサは4cmくらいで白色で表面に艶はなく、まれにカサの周囲に短い溝線が出ることがあります。形は半球形からだんだん開いていき、平らになっていき、カサの縁はしばしば波をうったように変化していきます。

ヒダの部分は淡いクリーム色をしており、極めて細かく、密。ツカの部分も白色、肉も同様に白色で、最初は中身が詰まっているが時間の経過と共に中心が空洞になっていきます。
オシロイシメジには薬品のような独特のにおいがあり、ツカがかなり長いという特徴を持っています。

オシロイシメジは以前は毒キノコの指定は受けていませんでしたが、現在は有毒きのことされています。
オシロイシメジ写真1
その他の名称
学名:[Lyophyllum connatum]
価格
不明
毒キノコ
オシロイシメジは消化器系の中毒を起こす危険性がある為、有毒のきのこに指定されています。
PR
きのこアクセスランキング TOP10