オトメノカサ- ヌメリガサ科 -

PR
オトメノカサ写真1
環境
オトメノカサは各種林の中、草地、特に針葉樹のカラマツの地上に群生します。
季節
特徴
オトメノカサは名前から想像できる通り、比較的小さくて可愛らしい印象のキノコで、カサの色は乳白色をしており、幼いときは饅頭型、成長するにつれてカサは平らに開いていき、色も中央部が淡い褐色を帯びていきます。

ヒダは密ではなく、通常は乳白色。まれに褐色になり、成長するとツカに垂れていきます。
オトメノカサのツカはカサと同じ乳白色をしており、根元の方がやや細くなっています。肉は白色で淡白、クセがなくて食べやすい。
オトメノカサ写真2
その他の名称
学名:[Camarophyllus virgineus]
価格
不明
食べ方
汁物、あえ物など。
オトメノカサはスープまたは酢の物などの和え物として食べます。
PR
きのこアクセスランキング TOP10