スギヒラタケ- キシメジ科 -

PR
スギヒラタケ写真1
環境
スギヒラタケは針葉樹、主に名前にもなっているスギの倒木や切り株に発生します。
季節
夏~秋
特徴
スギヒラタケのカサは透明感のある美しい白色をしており、幼い頃はほぼ円形とも言える類円形、成長すると扇形に変形していきます。成長するにつれて幼菌時に内側に巻いていたカサのフチが外側に開いていく事で通常は乱れのない平らな形になっていくのですが、まれに周辺部分が波をうったような乱れた形になります。

ヒダは白色で密に並び、しばしば分岐しているものが見られます。このスギヒラタケにはツカはなく、カサの側面で付着していて、基部には白色の毛のような菌糸が見られます。

現在、このスギヒラタケは毒キノコに指定されている為、食べるのは控える事が推奨されています。
スギヒラタケ写真2
その他の名称
学名:[Pleurocybella porrigens]
価格
不明
スギヒラタケは以前は食用きのことされていましたが、近年、急性脳症を発症して急死するというケースが多発した為、食べるのは控えた方が賢明です。

尚、中毒に至るメカニズムは現在も不明。
PR
きのこアクセスランキング TOP10