ホンシメジ- キシメジ科 -

PR
ホンシメジ写真1
環境
雑木林に発生するものと、松の混じった雑木林にやや遅れて発生するものとがあります。
また、菌根を作って植物と共生する菌紺菌である為、木の近くに群生します。
季節
特徴
ホンシメジのカサは直径が2~8cmほどで、幼菌時は縁に内に巻いていて、色は黒褐色。成長するにつれて色が薄くなり、淡灰褐色になり、カサの形もじょじょに開いていきますが、平らにはならず上部の丸みは残ります。
ヒダはやや密になら並んでおり、色は白色から淡いクリーム色で柄に湾生から直生しています。柄は長さが4~10cm根元にいくほど太くなっていて、表面の色はほぼ白色です
肉は全体的に白色でヒダとカサの境目の部分は淡灰色をしています。胞子紋は白色。
ホンシメジ写真2
その他の名称
カンコボウ、ヒャッポンシメジ、ダイコクなど
学名:[Lyophyllum shimeji]
価格
食べ方
汁物、焼き、炒めもの、揚げ物など。
栽培品は定番の食用キノコのひとつとして有名。野生のものを食べる際は有毒のきのこである、イッポンシメジとの誤食に注意して下さい。 見た目、味ともに食用キノコとしては申し分のない種です。
PR