マイタケ- サルノコシカケ科 -

PR
マイタケ写真1
環境
マイタケはコナラ、ミズナラ、シイなどの樹勢の衰えた老木の下に発生します。
季節
特徴
マイタケは基部から太い柄が分岐して広がり、先端がヘラ状から半円形のカサとなり、それがいくつも重なり合って数十センチクラスの大型の株を形成しています。

マイタケのカサは薄く、色は若いうちは黒褐色、時間が経つと徐々に淡い黄褐色に変化していき、形状は全体的に不規則に波をうったような形をしています。

肉の部分は白色で緻密。味も特にありませんが、マイタケは良い歯ごたえがある事から様々な料理に利用されます。
マイタケ写真2
その他の名称
学名:[Grifola frondosa]
価格
食べ方
マイタケはご飯、汁物、煮物、焼き、炒め物などにして食べます。
現在では栽培されたものがスーパーの食材売り場でもおなじみの食材なので調理方法は沢山の方が研究され、多岐にわたります。
PR