タモギタケ- ヒラタケ科 -

PR
タモギタケ写真1
環境
タモギタケは広葉樹、特にニレ、カエデ、ナラなどの倒木や枯れ木から発生します。
また、北海道に多く発生するキノコだとされています。
季節
夏~秋
特徴
タモギタケのカサは直径が4~12cmほどの大きさで、色はレモンのような鮮やかな黄色をしており、その美しい黄色のカサがタモギタケの大きな特徴のひとつだと言えます。また、カサの形は最初は縁が内側にまいた饅頭型ですが徐々に開いていき、最終的には反り返って漏斗型になります。

タモギタケのヒダの部分は白色から淡黄色で柄の部分まで大きく垂れ下がっています。
柄の部分は数本がひとつに融合しているのが特徴で、色はヒダと同じく白から淡黄色、長さは2~5cmほどです。
肉はカサの部分は薄くなっており、色はカサの色とは異なり全体的に白色で、肉からはかすかに特有の香りがします。

タモギタケは一般的にはあまり馴染みのないキノコですが、味や香りが良い事から北海道などでは特に好まれ、栽培品なども通常のタモギタケという名前の他、コガネシメジという商品名でも販売されています。
タモギタケ写真2
その他の名称
コガネシメジ
学名:[Pleurotus cornucopiae var. citirinopoileatus]
[Pleurotus citrinopileatus]
価格
食べ方
汁物、炒めものなど。
また、タモギタケはポタージュの材料などにも利用されます。
PR