テングノメシガイ- テングノメシガイ科 -

PR
テングノメシガイ写真1
環境
テングノメシガイは針葉樹林や広葉樹林の非常に湿気の多い場所の腐植やミズゴケの上などに発生します。
季節
夏~秋
特徴
テングノメシガイは「天狗の飯匙」の名前の通り細長いスプーンのような形をしている真っ黒なキノコで頭部の直径は4~15mm程度の大きさで浅い縦溝が入っています。表面には細くて黒いビロードのような毛が生えており、頭部の形状は槍の穂先のように先端がやや尖っているものやただ真っ直ぐに伸びているだけのものもあります。

テングノメシガイの縦の長さは2~7cmであまり大きなキノコではない為、あまり目立ちません。

尚、学名の「Trichoglossum」の部分は「毛のある舌」を意味し「hirsutum」の部分は「毛深い」という意味です。
テングノメシガイ写真2
その他の名称
天狗の飯匙
学名:[Trichoglossum hirsutum]
価格
不明
食べ方
テングノメシガイは毒があるという情報はありませんが食用には向かないキノコだと言われています。
また、似ているキノコの中に毒キノコが混じっているので見つけても口には入れない方が良いでしょう。
PR