テングタケ- テングタケ科 -

PR
テングタケ写真1
環境
テングタケは広葉樹の林の中の地上に単生します。
季節
夏~秋
特徴
テングタケのカサは直径が5~25cmほど、色は褐色または黄土色を帯びた褐色。形は幼菌時は半球形、成長するにしたがってカサが広がり平らになっていきます。表面には白いイボが無数にあり、湿気が多い時にはヌメリがでます。また、テングタケのフチ付近には薄い条線が見られます。
ヒダは密に並んでいて、色は白色。
テングタケの柄は根元にいくほど、太くなっており、柄の中ほどの箇所に白いツバがあります。また、基部は丸くなっていて一番太い。
テングタケの肉は白色でもろく、味やニオイは特にありません。
同じく毒キノコであるガンタケとも似ているキノコです。

※近年、針葉樹付近に発生するテングタケはイボテングタケという別種に分けられました。
テングタケ写真2
その他の名称
学名:[Amanita pantherina]
価格
不明
毒きのこ。
テングタケは食べると消化器系、神経系の中毒症状が起こります。また、毒キノコとして広く知られているベニテングタケより毒性は強いといわれています。
PR