チチタケ- ベニタケ科 -

PR
チチタケ写真1
環境
チチタケはブナ科の広葉樹の林の地上に群生します。
季節
夏~秋
特徴
チチタケはカサの直径が5~12cmほど。色は黄褐色、橙褐色、赤褐色で、フチの周辺は色が薄くなっている事が多く、表面の質感はビロード状~粉状。形は幼菌時は真ん中が窪んだ饅頭型、成長するとカサが開いて平らになり、老菌になるとカサが反り返り漏斗型になります。

ヒダは直生から垂生で密に並んでおり、色は白色~淡黄色。褐色のシミが無数に不規則な位置に出る事があります。
チチタケの柄の長さは4~12cm、全体的に太く、上部も根元もあまり太さに違いはありません。表面の色はカサとほぼ同色かやや淡い色をしています。

肉の色は白色で硬く、渋みがあり、乾燥すると独特の匂いがあり、食べるとコクがあります。
また、このチチタケは名前の通り、どこかに傷がつくと白色で粘り気のある乳のような液が出てくるという特徴を持ちます。尚、この液体が出た部分は褐色に変色します。

チチタケは食用で美味しいダシが出るので、地域によっては人気があり、高値で取引されているそうです。
チチタケ写真2
その他の名称
チタケ
学名:[Lactarius volemus]
価格
不明
食べ方
チチタケは汁物、煮物、炒め物などに調理してから食べます。
PR