ヒイロタケ- サルノコシカケ科 -

PR
ヒイロタケ写真1
環境
ヒイロタケは広葉樹の枯れ木などに群生しますが重なり合うほどに密生する事はあまりありません。
季節
春~秋
特徴
ヒイロタケは名前の通り表面が緋色のキノコでカサの直径は4~8cm。形は大体、半円球になっており、カサの厚みは5mm程度で表面は扁平となっています。また、古くなると白みがかって色あせていきます。

ヒイロタケの管孔面は黒みがかった緋色で管孔は小さく細かい。柄の部分は他のサルノコシカケ科のキノコと同じで非常に短いかほぼありません。

ヒイロタケの肉は表面と同じく緋色で、堅くしっかりとしているという印象があります。
ヒイロタケ写真2
その他の名称
緋色茸
学名:[Pycnoporus coccineus]
価格
不明
ヒイロタケは食用キノコではないので食べる事はできません。食用には適さないキノコだと考えられています。
PR