ヒトヨタケ- ヒトヨタケ科 -

PR
ヒトヨタケ写真1
環境
ヒトヨタケは庭や畑、草地や道端などに群生しています。
季節
春~晩秋
特徴
ヒトヨタケのカサは直径が5~7cm位で表面の色は灰色~灰褐色です。中央部には鱗片があり、周辺には繊維条線が見られます。形は幼い時は卵型でじょじょにカサが開いて円錐形になり、最終的にはフチの部分のみが反り返ります。

ヒダは密に並んでおり、色は白色から紫灰色に変化していき、最後は黒っぽくなってカサもヒダも液状化し、地面に滴り落ちてなくなっていくという変わった特性を持っています。
ヒトヨタケの柄の長さは10~15cmとかなり高さがあり、中ほどの位置に不完全な形のツバがあります。太さは根元の方がやや太く、中身は空洞。色は白色です。
肉は表面と同じような色をしていて、殆ど味はないとされています。

ヒトヨタケは特殊な毒の成分を持っているキノコで分類上は毒キノコになります。
ヒトヨタケ写真1
その他の名称
学名:[Coprinus atramentarius]
価格
不明
ヒトヨタケはアルコールの分解を妨げる成分を持っている為、お酒を同時に摂取すると吐き気や二日酔いなどの悪い影響を及ぼす事があるようです。
PR