マンネンタケ- マンネンタケ科 -

PR
マンネンタケ写真1
環境
マンネンタケは広葉樹の切り株や根の傍などに発生します。
季節
夏~秋
特徴
マンネンタケのカサは直径が5~15cmほどの大きさで、幼菌時は黄白色で成長すると黄褐色~暗褐色になっていきます。また、カサのフチの色は白いっぽくなっている事があります。内部はコルクのような質感で形は半円形または腎臓形です。地表面には中心部から周辺部へかけて放射状に浅い溝のような形で窪んでいます。

カサの裏側は白色または黄色でヒダのようなものはありません。

マンネンタケの柄の長さは5~15cm位で、複数に枝分かれしている事もあります。表面には光沢が見られます。カサと同じく肉質はコルクのような感触で、カサよりもしっかりしていて少し硬い。

マンネンタケは中国ではめでたいキノコとされ、装飾品に使われたり、不老長寿の薬として扱われていた時期もあるそうです。

2015年の11月には樹齢数千年とも言われるマンネンタケ(霊芝キノコ)がベトナムで発見され、約14万円で落札されたとの情報もあります。
マンネンタケ写真2
その他の名称
万年茸、霊芝、レイシ、霊芝草 学名:[Ganoderma lucidum]
価格
不明
食べ方
マンネンタケは食用キノコとされていないので、毒はありませんが一般的には食べられていません。
PR