ナラタケ- キシメジ科 -

PR
ナラタケ写真1
環境
ナラタケは広葉樹の枯れ木や切り株などに群生します。
季節
春、秋
特徴
ナラタケはカサの直径が3~15cmで色は淡褐色~茶褐色。カサの表面の外側には条線が見られ、形は幼菌時は中央がやや高い饅頭型、成長すると開いていき最終的には平らになります。また、湿気のある環境では表面にヌメリがでます。
ヒダは垂生しており、全体的にやや離れてヒダが並んでいます。色は最初はやや濁った白色で帯褐色になり、やがて濃い色のシミが見られるようになります。
ナラタケの柄は長さが5~12cmとやや長く、表面には褐色の条線がでています。上部には淡い黄色をしたツバがあり、根元に近づくほど太くなっています。基部は上部より濃い色をしています。
肉は表面の色とは違い、全体的に白色で少し渋みがありますが味は良く、匂いは特にありません。

ナラタケは樹木を枯れさせる特性を持っているので一部では害菌とされています。
ナラタケ写真2
その他の名称
ボリボリ、ナラモタセ、オリミキ、アマンダレ、ナラブサ、ヤブタロウ、アシナガ、サモダシなど
学名:[Armillaria mellea]
価格
不明
食べ方
汁物など。
ナラタケは生で食べると中毒症状を起こす事があると言われています。柄の部分は消化が悪いので沢山食べるのは避けた方がよいでしょう。
PR