ヌメリスギタケ- モエギタケ科 -

PR
ヌメリスギタケ写真1
環境
ヌメリスギタケはブナなどの広葉樹の倒木、枯れた幹や切り株などに群生します。
季節
春~秋
特徴
ヌメリスギタケのカサの直径は5cmほどで色は黄褐色をしており、フチに近い周辺部分はやや淡い色をしています。形は幼菌時は饅頭型で、成長すると平らに開きます。表面には無数のやわらかい綿毛のようなササクレが見られ、湿気の多い場所では名前の通り、ヌメリがでます。

ヒダは幼菌時は淡い黄色または白色をしていますが、成長するにつれて褐色になり、ツカに直生していきます。
ヌメリスギタケのツカの長さは5~10cmほどで、黄褐色の地に褐色の鱗片がついています。また、表面にはカサと同じくヌメリが見られます。

食用キノコですが、似ているキノコとして「スギタケ」や「スギタケモドキ」などの毒キノコが存在している為、食用にする場合は注意が必要です。
尚、スギタケはヌメリがなく、スギタケモドキはカサの表面のササクレが棘のように尖っているなどの違いがあります。

また、その他の似ているキノコとして、「ヌメリスギタケモドキ」がありますが、こちらはツカの部分にヌメリがないなどの違いがあります。尚、ヌメリスギタケモドキはヌメリスギタケと同じく、食用キノコなので特に危険性はありません。
ヌメリスギタケ写真2
その他の名称
学名:[Pholiota adiposa]
価格
不明
食べ方
汁物、和え物、焼き物など。
ヌメリスギタケはナメコのようなヌメリがある為、キノコ蕎麦の具などに向いています。

また、ヌメリスギタケは歯切れが良く、味も美味しいとされているキノコで原木栽培の為の種菌も販売されています。
PR
きのこアクセスランキング TOP10