ツキヨタケ- キシメジ科 -

PR
ツキヨタケ写真1
環境
ツキヨタケは主にブナやカエデ科の木の倒木やそれらの木の枯れたものに発生します。
季節
特徴
ツキヨタケのカサは大きさが直径10~25cmほどで表面の色は暗褐色から紫褐色、表面にはロウ状の艶が見られ、形は幼菌時は扇形ですが成長するにつれて半円形または腎臓型に変形していきます。

ヒダは白色で発光性がある為、闇の中では光り、ツカに垂れています。ツカは非常に短く、太い。ツカの上部には濃い褐色のツバがあります。
肉は成長したものは白色で幼菌は淡黄色、味は特にありませんが異臭がすると言われています。

ツキヨタケを縦に裂くとカサとツカの間の部分に濃い紫褐色から暗褐色のシミがある事が、ツキヨタケを見分けるポイントのひとつとなりますが、幼菌の場合などハッキリしない事もありますので少しでも疑いがある場合は食用にする事を避けたほうがよいでしょう。

また、ツキヨタケは重なるように発生し、胞子はほぼ球形です。
ツキヨタケ写真2
その他の名称
学名:[Omphalotus guepiniformis
(Lampteromyces japonicus)]
価格
不明
猛毒きのこ。
死亡例もある為、十分な注意が必要です。

ツキヨタケはシイタケ、ムキタケ、ヒラタケなどと似ている為、山地の森などで見つけたキノコがそれらの種類のキノコだと特定した場合でもツキヨタケの疑いが少しでもある場合は口にしない方がよいでしょう。
PR
きのこアクセスランキング TOP10