タマゴタケ- テングタケ科 -

PR
タマゴタケ写真1
環境
タマゴタケは広葉樹、針葉樹の林の地上に発生します。
季節
夏~秋
特徴
タマゴタケは見た目は毒キノコのようですが、実は食べられる美味しい食用きのこです。しかし、外見の特徴が毒キノコのベニテングタケにやや似ている為、食べる場合には誤食への注意が特に必要です。

カサの色は赤から赤橙色。形は最初は卵型でやがて饅頭型になり、最終的には中央に出っ張りのある平らな形に変形し黄色味を帯びていきます。また、成長過程で縁の付近にはハッキリとした条線が現れてきます。
タマゴタケのヒダは黄色でやや密。ツカは全体的に黄色味をおびていて斑模様があり、上部にアンズ色のツバが垂れ下がっていて、根元に行くほど太くなります。基部には名前の由来ともなったタマゴ型のツボがあります。
タマゴタケの肉は概ね白色で中心部分は空洞になっています。

ツカの根元部分にあるタマゴ型のツボが特徴的なキノコです。
タマゴタケ写真2
その他の名称
学名:[Amanita hemibapha]
価格
不明
食べ方
汁物、煮物、焼き、炒め物など。

タマゴタケはベニテングタケに似ている為、よく確認した上で調理して下さい。
PR
きのこアクセスランキング TOP10