冬のきのこ
冬(12月、1月、2月)のきのこを代表的な名称で五十音順に並べてご紹介しています。
詳細な情報を調べる際はきのこの名前をクリックしてください。
冬(12月、1月、2月)に発生するキノコは種類は少ないのですが、フユヤマタケなど主に冬場に発生するキノコも存在しているので、工夫次第では冬のキノコ狩りもレジャーのひとつになるかもしれません。
しかし、冬の山は秋などに比べるとキノコの発生数自体が非常に少ないので、冬のキノコの発生しやすい場所などを下調べするなどして、ある程度、めぼしをつけていかないと全くキノコが見つからなかったなどと言う事になりかねません。
また、冬の山の景色は秋の山の紅葉などにはない、澄んだ空気が作り出す独特の美しさがあるので、景色を楽しむついでにキノコ狩りも行うというスタンスも面白いと言えるでしょう。

尚、冬の山は大雪や吹雪、雪崩などの危険性も伴いますので、できるだけ天候の荒れていない時期に望んだほうが良いと思われます。
PR
きのこアクセスランキング TOP10